花粉症

花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることによって起こる発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの一連のアレルギー症状を言います。原因物質としては、スギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、ヨモギなどがありますが、日本ではスギが多く、花粉症の約70%がスギ花粉症と言われます。症状としては、アレルギー性鼻炎ではくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、アレルギー性結膜炎では目のかゆみ、充血が生じます。

2019 06 11 13.42.52 300x179 - 花粉症

花粉症は、その年の花粉飛散量によって症状の強さが変わってきます。また、症状はくしゃみ・鼻水がつらいタイプと、鼻づまりが強くなるタイプの二つに分けられます。

花粉症対策

花粉症対策として効果的な方法は、少しでも早く抗アレルギー薬を飲み始めておくことです。
また、花粉症は一度発症すると、症状に強弱のばらつきはあるものの毎年みられるようになりますので、抗アレルギー薬のうちの1種だけでも飲んでおきましょう。そうすることで来シーズンの花粉症の発現を遅らせ、症状が出たとしても軽く済ませられると考えられています。

花粉症の治療

花粉症の治療にあたっては、症状に応じて内服薬や点眼薬などを組み合わせて用います。
作用別には、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、局所ステロイド薬、局所血管収縮薬などに分けられますが、抗アレルギー薬などは、一定の効果が現れるまでに時間がかかりますので、症状が出始める前に服薬を開始することが大切です。
花粉が飛び始める2週間くらい前からお薬を飲んだり、目薬をさしたりすることで症状を軽くすることができますので、お早めにご来院ください。

ご自身でもできる花粉症対策

外出時にはマスクや帽子を着用

外出の際は、花粉の吸引を最小限に抑えるためのマスクや、髪に花粉をつきにくくするための帽子を身に着けましょう。フリースなどの花粉が付着しやすい素材の服は避け、帰宅時には体についた花粉をよく払ってから家に入りましょう。

こまめな掃除と空気清浄機の活用

どんなに気をつけても、家の中の花粉を完全にゼロにすることは不可能です。こまめに掃除機をかけ、家の中に花粉を溜めないようにしましょう。ほこり・ダニ・花粉を除去できる空気清浄機を使用するのも効果的です。

バランスの良い食事を摂り、よく眠る

花粉症は、アレルギー症状です。アレルギーは、ストレスが溜まっていたり、体が疲れていたりすると出やすくなります。バランスの良い食事を摂り、睡眠をしっかり取って体を十分に休め、健康に配慮することが大切です。

 

花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることによって起こる発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの一連のアレルギー症状を言います。原因物質としては、スギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、ヨモギなどがありますが、日本ではスギが多く、花粉症の約70%がスギ花粉症と言われます。症状としては、アレルギー性鼻炎ではくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、アレルギー性結膜炎では目のかゆみ、充血が生じます。

2019 06 11 13.42.52 300x179 - 花粉症

花粉症は、その年の花粉飛散量によって症状の強さが変わってきます。また、症状はくしゃみ・鼻水がつらいタイプと、鼻づまりが強くなるタイプの二つに分けられます。

花粉症対策

花粉症対策として効果的な方法は、少しでも早く抗アレルギー薬を飲み始めておくことです。
また、花粉症は一度発症すると、症状に強弱のばらつきはあるものの毎年みられるようになりますので、抗アレルギー薬のうちの1種だけでも飲んでおきましょう。そうすることで来シーズンの花粉症の発現を遅らせ、症状が出たとしても軽く済ませられると考えられています。

花粉症の治療

花粉症の治療にあたっては、症状に応じて内服薬や点眼薬などを組み合わせて用います。
作用別には、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、局所ステロイド薬、局所血管収縮薬などに分けられますが、抗アレルギー薬などは、一定の効果が現れるまでに時間がかかりますので、症状が出始める前に服薬を開始することが大切です。
花粉が飛び始める2週間くらい前からお薬を飲んだり、目薬をさしたりすることで症状を軽くすることができますので、お早めにご来院ください。

ご自身でもできる花粉症対策

外出時にはマスクや帽子を着用

外出の際は、花粉の吸引を最小限に抑えるためのマスクや、髪に花粉をつきにくくするための帽子を身に着けましょう。フリースなどの花粉が付着しやすい素材の服は避け、帰宅時には体についた花粉をよく払ってから家に入りましょう。

こまめな掃除と空気清浄機の活用

どんなに気をつけても、家の中の花粉を完全にゼロにすることは不可能です。こまめに掃除機をかけ、家の中に花粉を溜めないようにしましょう。ほこり・ダニ・花粉を除去できる空気清浄機を使用するのも効果的です。

バランスの良い食事を摂り、よく眠る

花粉症は、アレルギー症状です。アレルギーは、ストレスが溜まっていたり、体が疲れていたりすると出やすくなります。バランスの良い食事を摂り、睡眠をしっかり取って体を十分に休め、健康に配慮することが大切です。